• みどりと気付きの書棚

レヴィ=ストロースの庭

L1010990s.JPG

2008年に100歳を迎え、そして2009年に静かに息をひきとった、フランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロース。

20世紀最高の思想家であり、記録文学の傑作として知られる『悲しき熱帯』の著者として、また構造主義という名で知られる思想を代表するひとりとして、多くの人々に影響を与えています。

そんなレヴィ=ストロース氏を、写真家の港千尋氏が訪ねたのは約10年前のこと。

フランス、ブルゴーニュの森の中にある別荘でくつろぐレヴィ=ストロース夫妻。その別荘と森のあいだにゆるやかに拡がる庭を、宇宙全体に等しい広大な世界に結びつける深遠な洞察力から、構造主義がいかに地に足のついた思想であるかが伺えます。

そんな庭の風景に始まり、ブラジル、オーストラリア、アジア、ヨーロッパ、沖縄など、レヴィ=ストロース氏ゆかりの神話の大地をめぐる港氏の写真とエッセイ、そして100歳のお祝いの想いで、本書は編まれています。

著者:港 千尋

出版社:エヌティティ出版

2011.3.02  Yoshitaka Haba : BACH

幅 允孝(はばよしたか)

幅 允孝(はばよしたか)

BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。国立新美術館ミュージアムショップのスーベニアフロムトーキョーやLOVELESS、CIBONEなどにおける本のディレクションのほか、編集、執筆など、本周りのあらゆる分野で活動中。今年に入ってから、SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS、大阪の阪急百貨店メンズ館のThe Lobby、銀座のHANDS BOOKSがオープンしました。

URL: www.bach-inc.com

  • みどりと気付きの書棚